Yet Another JUGEM.
 
<< 都議会も、衆議院選挙も | main | さて、青木愛をどう見ますか。 >>
民主の支持母体日教組が推進したゆとり教育。
ゆとり教育。
いわば、最悪の総理大臣村山の時に社会党の支持母体であった日教組が文部省と進めたのが『ゆとり』教育である。
ゆとり。
正直に言えば、今はこの『ゆとり』とは差別用語に近い感がある。
いわば基礎学力の低下などから廃止すべきという民意が大勢を占めた。
学力より人格形成、生きる力を養うと声を大にして言っていたが、結果は反対であった。

ゆとり教育を進めた日教組とは誰もが知っていてほしいとこだが、、、
とにかく自虐史観、国旗国歌を認めない、そしてなにより、朝鮮学校とも仲がいい。
沖縄出身の安○奈美○が公の場所で国歌を知らなく歌えなかったというのは有名な話だ。

スローガンは教え子を戦争に行かせない。
まあ、じゃあ、攻められたらどうすんの?北朝鮮みたいな国に。。
まあ、総連や朝鮮学校と仲がいいから一切コメントしないでしょうが。
参議院議長、民主党の輿石。
こいつが何を言ったのか覚えておこう。
北朝鮮船舶法案を協議などせず、麻生が退陣するのが先だと豪語した。
世界でも北朝鮮への批難が高まっている中、輿石は国民の安全や国益より首相の退陣を要求したのだ。協議する必要すらないとまで言い切った。
なぜだろうか、それは総連を主体にする朝鮮学校とも連携してるから当然の発言だ。

民主党が政権を握れば、日教組から文部大臣が出る恐れがある。
そんな時代になったら我が子は学校には行かせない。
あいつらは、日本の癌だ。
中山成彬議員の発言は間違ってはいない。
東京の教員の日教組の割合は1割以下。まだ、安全だ。
東京と地方の格差がこういう所からも出てきている。
大阪の学力が低下しているのも、ここが原因。
そしてこのままだと大阪経済は二度と再発展はしないだろう。
使えない人材しか育てられない地域に活性化はないのだ。
そしてそういう風潮がある限り、優秀な人材は東京へ流出するのを防げないだろう。
【2009.07.24 Friday 01:29】 author : ぶら
| 時事ネタ | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.bohemian-fes.co.uk/trackback/1217424
トラックバック