Yet Another JUGEM.
 
<< 沖縄米軍基地問題 | main | 日航再建 OBが特別立法に反対表明 >>
女に媚びて成功するのか?
リコーが『カメラ女子』を狙った戦略、
セガが戦国武将カードゲームを作り『歴女』を狙った戦略等、
色々と女性をターゲットにした商品を発売するらしいが、
ケチな性格の女性に対して商品開発しても元は取れない。
カードもカメラも、男の商品だ。
そこから脱却しようとして試みても、結局は失敗する。
言われている程、歴女もカメラ女子もいないんだって。

かつてフィギュアメーカーである海洋堂が女はケチであかん、
そう言いながら発売した不思議の国のアリスシリーズがヒットすると態度が大きく変わって女もターゲットにせなあかん、みたいな発言をしたが、その後振るわず、何も出そうとしない。
で、本当に久しぶりに戦国BASARAのリボを出すが、多分こけるだろう。
あれは数売ってなんぼの世界。だからおそらく数は作るが、利益を出すまでは売れない。

そう、だから瞬間的には儲かるかもしれない、しかし、その後が続かないのだ。
結局、投資したものは継続性がなくなり、最終的には赤字になる
だから、女に媚びた商品を開発すると、とんでもない事になるのだ。

みててみ、こけるから。ケチさを理解していない、あれは強烈だぞ。
【2009.11.10 Tuesday 18:31】 author : ぶら
| 時事ネタ | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.bohemian-fes.co.uk/trackback/1283402
トラックバック