Yet Another JUGEM.
 
<< 平沢唯 (1/7スケール PVC塗装済み完成品) | main | 電撃G's Festival! Vol.22 2011年 09月号 [雑誌] >>
鬼束、に 涙するのは
鬼束に関して
『3年ぶり出演の夏フェスで怪演。鬼束ちひろに何が起きたのか?』
こういうタイトルの記事が出始めた。
内容は他で記事にされているから、引用もせず割愛する。

知っている人から見れば、、、、、
とうとう、ギリギリのボーダーさえも越えたのか、、と思うだろう。
『月光』
この歌を世間に披露してから、
いつはこうなると、彼女に魅了された人ならば予想していただろう。。

休養につぐ休養。。
ギリギリだけど、まだこっちの世界に踏みとどまっていた彼女。。
本当に最後の一寸、、、もう帰ってこれない領域にいってしまった。。

医者のせいか、身内のせいか、プロダクションのせいか。。
それとも彼女にしては苦しみから開放され、この方がよかったのか。。。
、、、、わからない、、、
だけどハッキリした事は、もう戻ってくる事はないと言う事。

さようなら、、、鬼束ちひろ
かつての鬼束に、、、涙を流す、、、、
決して批判をしているわけではない、、率直に、いっちゃったんだなぁ、、
そう思うのである。しみじみと、本当に泣きながら、、、、
【2011.08.08 Monday 19:03】 author : ぶら
| 時事ネタ | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.bohemian-fes.co.uk/trackback/1417740
トラックバック